国際理解教育

国際交流学習 成蹊小学校では、1年生時からネイティブスピーカーの教師による授業が行われます。英語力の向上だけではなく、こみち科の「国際交流」の授業では、国際理解というテーマで学年交流授業を行い、世界各国のくらしについて興味関心を伸ばします。
また、4年時に入学となる国際学級の児童は、オリエンテーションプログラムを受けた後、一般学級に振り分けられます。海外の暮らしや文化を知る子どもたちとの連帯により一人ひとりの視野が広がり、国際感覚を磨くことができます。

その他の多彩な国際交流プログラム

オーストラリア学習旅行

オーストラリア写真

5年生の3月に「オーストラリア体験学習」を実施しています。
児童22名が参加し、クイーンズランド州にあるCaloundra Christian College(カランドラ クリスチャンカレッジ)での一般クラスへの授業参加やホームステイを通じて、異文化理解と相互交流を深めています。

オーストラリア学習旅行

リードアラウドReading for fun

リードアラウドReading for fun写真

「Let's Read」とは、英語絵本を子ども(参加者)自身が声に出して豊かな表現で読む“ワークショップ”です。
講師や仲間が読むのを聴くことでリスニング力が身につき、また適した表現を自ら考え皆の前で読むことで読解力やコミュニケーション能力を培うことを目的としています。全学年を対象としており、毎年約200名が受講しています。

リードアラウド

英検Jr.への取り組み

英検Jr.への取り組み

公益財団法人日本英語検定協会主催の「英検Jr.(グレード:GOLD)」を、6年生全員を対象に実施しています。本校児童の平均正答率は、全国平均を大きく上回っており、英語教育の成果が上がっています。