こころを育てる教育

日記指導

日記指導創設当初から現在まで続けられている本校伝統の指導方法です。子ども自身が毎日の生活の中で思ったこと、感じたことを日記にまとめることで、考える習慣を養います。日記を通じて子どもたちは自分の成長を振り返ることができ、新たな目標に向かって歩むこともできます。また、文字に記すことで伝える力=コミュニケーション力の基礎を身に付けることができ、さらに、教師の感想やアドバイスを通じて、師弟の絆がさらに深まります。

こみち授業

総合教育の先駆けとしてその原型は昭和30年代に始まりました。20年前から現在の形になり、1年生から6年生まですべての児童が取り組んでいます。各学年の習熟度・段階に合わせてカリキュラムを設定しています。「五感を使った直接的な体験を大切にする」を掲げ、「作物を栽培・収穫・調理し食べる」、「パソコンの使い方やインターネットを活用し、調べたものを表現する」といった学習を経て、6年生では自分の興味のあるテーマを調査・研究し、その結果を発表するという学習も組み込まれています。

小学生の“ひとりゼミ”~卒業研究

6年生の「こみち」は、1年間かけて各自がテーマを設定し、取り組みます。小学校版の“卒業研究”です。大学のゼミのようにグループで行うのではなく、児童1人が調査、分析から、プレゼンテーション資料やパワーポイント作成まで行います。研究結果は、まずクラス内で発表し、優れた研究については、クラス代表としてプレゼンテーションします。調査研究を通じて、子どもたちの自主性・考える力を養います。

小学生の“ひとりゼミ”~卒業研究

“教材”を食べる「こみち」~小麦栽培

校内農地で小麦を栽培・収穫し、全粒粉に挽きパンにして食べる。畑作りから始めて約10ヶ月の農業体験・栽培学習によって、自分たちが育てた“教材”を食べる喜びとともに、食育として自然と生育、食物への気持ちを育みます。

“教材”を食べる「こみち」~小麦栽培

凝念

凝念とは、創立者の中村春二が考案した精神集中法です。手を重ね左右の親指を合わせて桃の実の形を作り黙想します。静かな精神集中で自分と向き合い、心の力を養います。
人格教育の一環として、1915(大正4)年の創立当初から実施しており、現在でも、朝の会・帰りの会、授業、給食などの開始時や、行事(始業式、入学式、終業式、卒業式など)でも行っています。凝念を行うことで、子どもたちはこころが整理され、清々しい気持ちで物事に臨むことができます。

凝念(今) 凝念(昔)